Reico's 0cosme(レイコスメ)

30代からのエイジングケア、スキンケア、ボディケアでママになっても素敵な女性へ

敏感肌の原因とは?敏感肌におすすめな化粧水の選び方

      2019/07/25

肌荒れがなかなかおさまらない…。
もしかして、敏感肌ではありませんか?

敏感肌っていうのは、肌へのいろいろな刺激に対して、かゆみや痛み、炎症などの反応がすぐ起きてしまうんです。
もし、敏感肌のサインにあてはまるなら、要注意です。

  • 服と肌の摩擦によって、肌が赤くなってしまう
  • 肌が、何か他のものに触れただけで、かゆくなってしまう
  • 化粧品を使うことによって、肌がかぶれてしまう
  • 肌が、何も触れていないのに、ピリピリとした刺激を感じる

こんな敏感肌のサインが出ているとき、肌が過敏になっているんです。
ちょっとした刺激でも、すぐ炎症を起こしてしまう肌になっています。

敏感肌が嫌がる、肌への刺激

炎症って、何なのでしょうか?
炎症は、肌が外からの攻撃を受けたときに、肌自身を守ろうとするはたらきです。

炎症が起こっただけでは、肌の病気などではないんです。
でも炎症が繰り返しおきたり、炎症がずっと続くようだと、肌へのケアが必要になります。

もし、炎症がずっと続いたり、血管が拡張したりしてしまうと、皮膚炎や赤ら顔になっているかもしれません。
皮膚科などで診察してもらう必要があります。

そうならないためにも、敏感肌のサインを感じたら、なるべく早くケアし始めることが大切です。
まずは、肌への刺激を減らすようにしましょう。

  • 細菌などの肌への侵入
  • 化粧品による化学物質による刺激
  • 紫外線や、熱による刺激
  • 接触による刺激

このような刺激には気をつけましょう。

細菌などの肌への侵入

人間の肌には常在菌とよばれる細菌がいます。
これらの細菌は、他の有害な細菌が肌に入り込むのを防ぐ、良い細菌です。

ただ、毛穴詰まりなどのきっかけで、細菌が増えすぎてしまうことがあります。
そうすると、細菌が作り出す物質が肌を刺激してしまいます。

例えば、アクネ菌は常在菌のひとつなのですが、毛穴などで増えすぎると、ニキビの原因になってしまいます。
アクネ菌がつくりだした物質が酸化してしまい、肌の刺激になってしまうのです。
毛穴詰まりや皮脂のコントロールで、これらの刺激を防ぐことができます。

化粧品による化学物質による刺激

化粧品に含まれる成分のうち、アルコールや防腐剤などが、刺激になりやすい物質です。

また、洗顔料に含まれる界面活性剤なども刺激になりやすいです。
界面活性剤は、肌のバリアになっている皮脂を溶かしてしまいます。
そうすると他の物質が直接皮膚の中に侵入しやすくなってしまうのです。

また、植物由来の天然成分は安全な感じがしますが、アレルギーのような反応が出ることもあるので、自分の肌に合うのかどうか、注意して使いましょう。

紫外線や、熱による刺激

敏感肌にとって、熱すぎるお風呂などは、肌を守るための免疫細胞を活発にさせてしまうことがあります。

また、紫外線は、目に見える光よりも透過力が強いので、肌の奥まで侵入し、刺激をおよぼします。
紫外線のダメージによって、肌が赤くなるのは危険な状態です。
このとき、紫外線から肌の細胞を守るために、肌の奥ではメラニン色素が作られます。これらがシミの原因になったりします。
紫外線をカットするためには、日焼け止めを使いましょう。

接触による刺激

顔へのマッサージや、髪の毛、メイクブラシによる摩擦などで、かゆみが起きることもあります。
肌が敏感になっているときには、やめたほうがいいです。

敏感肌は化粧水でケアしましょう

敏感肌へのケアとして、刺激を避けることの他に、もうひとつ大切なことがあります。
それは洗顔後のスキンケアです。

洗顔後すぐに化粧水をつけましょう。
あと、シャワー後やお風呂上がりも同様です。化粧水だけはなるべく早くつけるようにしましょう。
コットンを使ったりせずに、手にとって使いましょう。
化粧水を手に取ることで、体温に近づけることができますので、冷たい化粧水が刺激になることを防ぎます。

手にとった化粧水を、ゆっくりとなじませるように、やさしく顔に当てていきます。
手のひらで顔を覆う感じで、均一に肌になじむようにしましょう。

どうして洗顔後すぐに化粧水をつけなきゃいけないの?

洗顔後、シャワー後やお風呂上がりに、真っ先に化粧水をつけましょう。
それは化粧水の役割から考えると、とても大切なことなのです。

毎日顔を洗って、洗顔料で汗や皮脂による汚れを落とし、クレンジングでメイクを落とします。
肌の汚れを落とし清潔にすることは必要です。

でも、このとき汚れだけでなく、肌を守るためのバリアも落ちてしまいます。

肌の表面は、肌から分泌された皮脂で覆われています。
この皮脂の膜の下に、角質と呼ばれる細胞が並んでいます。
さらに角質の細胞と細胞の間のすきまには、「細胞間脂質」があります。

この角質や細胞間脂質が、私たちの肌を守るバリアのはたらきをしています。

細胞間脂質には「セラミド」などの保湿成分がたくさん含まれています。

顔を洗って、汚れが落ちた直後の肌はどうなっているのでしょうか?
当然、肌から分泌されたものや、角質表面の脂質は、汚れと一緒になくなってしまいます。

でもだいじょうぶ。
私たちの肌は、10分程度で再び皮脂を分泌して、新しい肌バリアが登場します。
清潔になった肌には、新しい皮脂がコーティングされて、外の刺激から肌を守ることができるようになります。

化粧水が肌を守るしくみ

しかし、敏感肌の場合、新しい肌バリアが登場するまでの10分間が大きな問題なのです。
もともと乾燥肌などで、角質や細胞間脂質の肌バリアが少なくなっています。

そのとき洗顔で皮脂や肌表面の角質を取り去ってしまうと、肌のバリア機能が完全になくなってしまいます。

敏感肌は、このとき受ける刺激に対して弱く、すぐに炎症などをおこしてしまいます。
肌バリアのない10分間は絶対に避けたいのです。

そこで、皮脂に似た人工のバリアを作るのが化粧水の役目です。
皮脂が分泌されるまでの10分間の肌を、化粧水によって守ってもらうのです。
おもにグリセリンがその役割を担います。

実は、この10分間というのは、スキンケアのための物質を、たくさん浸透させるチャンスでもあります。
化粧水に含まれる保湿成分を浸透させて、角質をケアすることができます。

逆に、敏感肌に刺激となる成分が、化粧水に入っていた場合、肌にとっては大ダメージとなってしまいます。
敏感肌にとって、化粧水の成分に注意することはとても大切なのです。

敏感肌におすすめの化粧水は、高保湿で低刺激

敏感肌の人でも安心して使うことができる化粧水は、どんな化粧水なのでしょうか?
そして敏感肌の改善に役立つ化粧水はどんな化粧水なのでしょうか?
化粧品を選ぶときに気をつけたいポイントを押さえておきましょう。

なるべく低刺激、それでも不安ならお試しできる化粧水がいい

化粧水は、洗顔後の10分間、肌表面の脂質が回復するまでの、肌を守るバリアの代わりとなるものです。
洗顔後の肌を守るバリアがない状態の肌に直接つけるので、敏感肌にはなるべく低刺激の化粧水を選びたいところ。

アルコールが敏感肌への刺激になっていませんか?

敏感肌に刺激となりやすいのが、アルコール(エタノール)です。
注射の際に「アルコールでかぶれたことがありますか」って聞かれますよね。
さっぱりする感じの化粧水には含まれていることが多いので、もしアルコール(エタノール)でかぶれる場合は、避けましょう。

防腐剤が敏感肌への刺激になっていませんか?

敏感肌に刺激となる成分で、悩む人が多いのが防腐剤です。
化粧品には、美容成分などの品質を安定させるための防腐剤が配合されています。

防腐剤で数多くの化粧品に入っているのがパラベンです。
細菌に対して有効ですが人間に対する毒性は低く、それらを示すための試験も多く行われています。
今のところ、化粧水を腐らせないために必要な物質といえます。

ただ、1000人に2、3人の割合で、パラベンにかぶれる人がいるようです。
今まで使っていた化粧水で、合わなかったもの全てにパラベンが含まれていた場合、もしかするとパラベンにかぶれていたのかもしれません。

その場合はパラベンフリーの化粧水を選ぶことになります。
パラベンが入っていない代わりに、防腐剤としてはフェノキシエタノールなどが含まれています。

ただ、このフェノキシエタノールにかぶれる人もいます。
また、パラベンフリーをうたっている化粧水の中には、あまり有名ではない防腐剤を使用している場合があるので、敏感肌の場合はそれらの成分が刺激になっていないか、慎重に調べたほうがいいと思います。

化粧水が敏感肌への刺激になるか試す方法

そうなると、やはり自分の肌に合うのか、使ってみないとわからないじゃないか、って思いますよね。
ですから、はじめて使う化粧水の場合は、小さなパッケージのトライアルセットが用意されている商品を選ぶのがおすすめです。

目安としては、1週間くらい使ってみて、問題がなければ自分に合う化粧水といえるのではないかと思います。
ただ、本当に合うかどうかは、自分自身の体調や肌の状態によっても変わる可能性がありますので、あくまで目安として考えてください。

トライアルセットがない商品でも、返金保障をうたっている場合があります。こちらも化粧水を試すことができるので安心です。
ただ、返金保障を受けるための条件があったりする場合がほとんどです。注意事項をよく読んで理解してから購入しましょう。

高保湿の化粧水を選びましょう

もともと化粧水は、洗顔後になくなってしまった、肌表面の脂質の膜や、角質表面の脂質を人工的なバリアで補うためのものです。

実際には水とグリセリンがその役目を担います。
せっかくバリアのない素肌につける化粧水ですから、肌ケアのための保湿成分を浸透させるチャンスでもあります。

敏感肌では、肌の表面を覆う「角質」と呼ばれる細胞とその細胞の周りを満たしている「細胞間脂質」が、乾燥によって薄くなったり、隙間ができてしまっています。
細胞間脂質の成分「セラミド」と同じものが化粧水に入っていれば、ここで保湿を兼ねて細胞間脂質や角質をケアすることができます。

化粧水の中には、セラミドのほかにも、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分、化粧品会社が独自開発した保湿成分などが含まれています。
それらの保湿成分や、肌に浸透しやすくするための成分をチェックしましょう。

Reicos 0cosme(レイコスメ)

オールインワン化粧品とスキンケアで美しい肌へ! 美白ケア、エイジングケア、乾燥・保湿ケアなどさまざまな肌悩みを解決するお手伝い。 たくさんの化粧品から、あなたにぴったりのおすすめアイテムを紹介します。

敏感肌におすすめの医療脱毛とエイジングケアアイテム

1
100円で医療脱毛できる!原宿にあるトイトイトイクリニックに行ってきた

医療脱毛。 と聞くとハードルが高いように感じますが、実はエステ脱毛よりいいことが ...

2
顔のたるみにさよなら!ドクターソワのモイストリフトプリュスセラムで小顔エイジングケア

ふとスマホを見ている自分が鏡に映ったときに「ぎょっ」とすることありませんか? 顔 ...

ジュランツセラリッチミルク 3
高濃度セラミド配合!ジュランツの贅沢美容乳液、セラリッチミルクで保湿を極める!

ジュランツのスペシャルトライアルセットで肌悩みゼロに!全11種類の贅沢・豪華なド ...

4
敏感肌におすすめのオールインワン、メディプラスゲル!美肌温泉由来でしっとり潤い肌!

突然ですが、あなたは自分の年齢(実年齢)よりも、年上に見られたことはありませんか ...

 - 敏感肌のスキンケアコラム

error: Content is protected !!