Reicos 0cosme(レイコスメ)

30代からのエイジングケア、スキンケア化粧品、メイクアイテム、エステ、ボディケア、ヘアケアで素敵な女性へ

敏感肌におすすめのオールインワン化粧品ランキング

      2018/04/06

オールインワン化粧品を使うと、化粧水、美容液、クリームなど、複数のスキンケアを1つで済ませることができます。肌のお手入れの時間の節約になるので、大変便利なアイテムです。
しかも、美白もできるものや、化粧下地にもなるものや、UVカットできるものなど、さまざまな使い方ができる商品もあります。

敏感肌だと、ちょっとした刺激でも、お肌がピリピリして大変です。
敏感肌でも使えるオールインワン化粧品を紹介します。オールインワン化粧品の選び方も解説します。
肌に刺激を与える成分などをきちんと理解して、敏感肌に合うオールインワン化粧品を選びましょう。

敏感肌におすすめしたいオールインワン化粧品

紫外線、洗顔料、化粧品などが刺激となり、それらに過敏に反応してしまい、ほてり、かゆみ、ピリピリとした痛みや、かぶれなどの症状を引き起こしてしまう肌が、敏感肌です。少しの刺激で肌トラブルを起こしてしまいやすい肌が、敏感肌なのです。

もちろん敏感肌にとっても、スキンケアは必要であり、美しい肌をつくるためには大切です。
毎日のスキンケアに必要な化粧品は何種類かあります。それぞれの種類の化粧品が美しい肌を守り、美しい肌をつくりあげるための役割があります。

化粧品には、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどがあります。これらを毎日ライン使いするのは時間も手間もコストもかかってしまいます。

敏感肌の場合、こんなにたくさんの種類の化粧品を毎日を肌につけると、肌への負担になるかもしれません。

ところが、オールインワン化粧品なら、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどの役割を、すべて合わせ持っています。忙しい女性に人気のスキンケアアイテムです。

オールインワン化粧品を使うと、1度でスキンケアが済むので、肌への負担が軽減されます。また、一つ一つのアイテムを付けるより、オールインワンの方が肌への刺激が比較的に弱い傾向にあります。敏感肌の方はオールインワン化粧品を使ってスキンケアをしていくことがおすすめです。

敏感肌用オールインワン化粧品の選び方

スキンケアアイテムには、化粧品の品質を保ち、腐らせないようための防腐剤や、本来混ざらない水と油を混ぜ合わせるための界面活性剤、化粧品を開封後、空気に触れることでおこる酸化・変質を防ぐための酸化防止剤などが入っています。

これらの添加物や、保存料は化粧品の安全性を保つためには必要な成分ですが、肌には本来必要のない成分

化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックと、スキンケアに使うアイテム数が多ければ多いほど、防腐剤や、酸化防止剤などが含まれている化粧品を重ねて使うことになってしまいます。

しかし、オールインワン化粧品なら、一度でスキンケアが完了するのですから、肌にとって大敵な、防腐剤・酸化防止剤を最小限の量に抑えることができるのです。

また、一度でスキンケアが完了するということは、化粧品を塗ることで引き起こされる肌と手の摩擦による刺激も最小限で済みます。
複数のアイテムを使い、肌に触れている時間が長くなり、敏感肌が嫌がる刺激を増やすよりも、オールインワン化粧品でシンプルにケアするほうが、敏感肌には良いのです。

さらに、しわやたるみ、シミなどのエイジングサインは紫外線によるダメージだけでなく、肌をこする摩擦によっても引き起こされる現象。

複数のアイテムを使い、肌に触れている時間が長くなることで刺激を増やすよりも、オールインワン化粧品でシンプルにケアするほうが、エイジングケアにも良いのです。

オールインワン化粧品にはいくつか種類があります

オールインワン化粧品には、ゲルタイプのもの、ジェルタイプのもの、化粧水タイプのもの、クリームタイプのものなどがあります。
使い心地や、自分の肌に合うかどうかで選ぶとよいでしょう。

ゲルタイプは、ゼリー状で粘着性を高めてあり、弾力性や粘性が大きいです。
しっとりしていて濃厚な使い心地となります。乾燥やカサつきが気になる場合、ゲルタイプがおすすめです。

ジェルタイプもゼリー状で、粘着性があります。
ジェルタイプはゲルタイプよりも、水分が多いゼリー状です。
さっぱりとした使い心地になるので、油分よりも水分のうるおいを中心とした乾燥対策におすすめです。

化粧水タイプは、化粧水のように使えて、べたつきがないオールインワン化粧品です。
オールインワン化粧品には、ゲルタイプやジェルタイプの商品が多いのですが、それらの使い心地が苦手な方には、化粧水タイプがおすすめです。
化粧水タイプの中にはとろみのあるテクスチャーのアイテムもありますが、ほとんどの商品はジェルタイプやゲルタイプに比べて、付け心地が軽く、メイクとの相性も抜群です。

クリームタイプは、他のオールインワン化粧品に比べ、油分が多く配合されていて、重くしっかりとした付け心地になっています。
これらの脂分は、肌の皮脂膜と同様に、水分の蒸発を防ぐはたらきがあります。肌の保湿や、肌のツヤにとって大切です。

敏感肌に優しい、低刺激のオールインワンの選び方

敏感肌の場合、オールインワン化粧品を選ぶときには、肌に優しく低刺激なものを選びましょう。
個人差はありますが、オールインワン化粧品に配合されている成分によっては、敏感肌の刺激になってしまう場合もあります。

まず、敏感肌の場合、オールインワン化粧品に含まれている防腐剤や殺菌成分を、刺激と感じてしまうことがあります。
どの殺菌成分が刺激になりやすいかは、人それぞれなのですが、フェノキシエタノール、パラベン、サリチル酸などにかぶれる人もまれにいます。

ただ、皮膚の表面には常在菌の善玉菌が住んでいて、皮膚のバリアとしてのはたらきをもつものもあります。防腐剤や殺菌成分はオールインワン化粧品の品質を保つために必要なものなのですが、防腐剤があまりにも多いと、善玉菌が死んでしまい、肌のバリア機能が弱まってしまう可能性があります。

エタノールや無水エタノールなどのアルコールも、殺菌作用のある成分です。
いろいろな成分を溶かし、安定させるというはたらきもあります。
エタノールは肌の水分を奪いやすく、肌の乾燥につながってしまう可能性があります。
敏感肌の場合、アルコールに弱い肌であることも多いです。肌荒れが悪化してしまう場合、エタノールは避けた方が良いでしょう。

美容成分として配合されている物質の中にも、敏感肌にとっては刺激になってしまう成分があります。

PG(プロピレングリコール)は保湿剤として使われますが、皮膚障害や発がん性などの報告もあり、避けたほうがいいでしょう。
美白成分のハイドロキノンは、もともと医薬品にも使われる成分です。メラニン発生の抑制、シミを防ぐ効果があります。肌を白くする作用が強いため、敏感肌の場合は刺激になる人もいます。

レチノールは、ピーリング効果のある成分です。ターンオーバーを促進させることができますが、敏感肌には刺激が強いので避けたほうがいいです。
敏感肌の場合、ターンオーバーが早まっていて、未熟な角質層の肌になっている場合もあります。この場合は逆効果です。

合成界面活性剤は、いろいろな成分どうしを合成させたり、洗浄力をあげるために配合されます。とくに石油系界面活性剤は効果が強く、肌を守るバリア機能さえも溶かしてしまう心配があります。敏感肌はバリア機能が低下しているので、肌荒れの原因となることがあります。

合成ポリマーは、メイクの持続性を上げたり、肌にツヤ感を与えたりする効果があります。
ただ、メイクオフしずらい成分で、きちんと落とすためには、石油系界面活性剤を配合したクレンジングが必要です。結果として、敏感肌の肌を傷めてしまうことになります。

また、植物性の成分などが敏感肌の刺激になる場合もあります。

敏感肌では、美容に良い作用がある成分でも、人によっては刺激になってしまう可能性があります。
オールインワン化粧品には、肌を美しくするための成分が配合されていますが、全ての肌に合うとは限りません。とくに敏感肌の場合、配合されている成分によっては、過敏に反応してしまう可能性もあります。
オールインワン化粧品を選ぶときには、十分注意しましょう。

オールインワン化粧品の選び方のポイント

オールインワン化粧品は、いろいろな種類のアイテムが発売されています。自分の求める効果や目的に合うかどうか、成分で判断しましょう。

保湿効果の高い成分が入っていますか

オールインワン化粧品は、化粧水、乳液、美容液などのいろいろな用途を備えています。いちばん大切なのは、保湿力の高さです。

保湿効果が高いと言われている成分には、セラミド、コラーゲン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、スクワランなどがあります。

敏感肌にとくにおすすめの保湿成分は、セラミドです。
セラミドは、肌の角質層の中で、水分や油分をスポンジのように抱え込んいる細胞間脂質のひとつで、それらを接着させ、肌の水分を保つはたらきがあります。

敏感肌肌は、バリア機能が低下していることが多いです。
肌表面のわずか0.02ミリメートルの厚さの角質層が、肌の水分を保持することで、バリア機能が維持されています。これによって外部に刺激から肌を守ることができるのです。
敏感肌でバリア機能が低下していると、肌が乾燥し、外部からの刺激を受けやすい肌になってしまいます。
敏感肌のバリア機能を高めるために、セラミドが配合されているオールインワン化粧品を選びましょう。

ニキビ予防したい場合の選び方

ニキビに予防したい場合には、ビタミンC誘導体を含むオールインワン化粧品がおすすめです。ビタミンC誘導体は、肌の代謝の不足や、ターンオーバーの乱れを正常化するはたらきがあります。このはたらきにより、ニキビができやすい状態になることを防ぎます。また、肌が乾燥によってニキビができてしまう場合、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分を含むオールインワン化粧品を選ぶといいです。

美白ケアしたい場合の選び方

美白ケアしたい場合、メラニンを抑制する成分が含まれているものを選びましょう。メラニンはシミやくすみの原因となります。
甘草エキス、トラネキサム酸といった成分ははメラニンを抑制するはたらきがあります。
また、ビタミンC誘導体のうち、美白効果がある成分もあります。
美白ケアにおいて、「医薬部外品」と表示されているアイテムは、美白にへの効果が認められる成分が含まれていることを表します。医薬部外品のアイテムなら、より大きな効果を期待することができます。

エイジングケアしたい場合の選び方

エイジングケアしたい場合、抗酸化作用を持つ成分が含まれているオールインワン化粧品を選びましょう。年齢を重ねて失われてしまった、肌のハリを取り戻します。
コエンザイムQ10は、ビタミンCのおよそ一万倍もの抗酸化力をもっています。
ほかにも、ペプチドやエラスチン、コラーゲンはエイジングケア向けの成分です。
ハトムギなどの植物由来の天然成分もあります。

敏感肌に使えるオールインワン化粧品おすすめランキングBEST5

基礎化粧品には、化粧水、美容液、乳液、クリーム、パックなどたくさんの種類があります。

オールインワン化粧品は、1本で化粧水、美容液、乳液、クリームなどの複数の役割をこなすアイテムなので、肌のお手入れにかける時間も手間もお金も、最小限で済むのが嬉しいところ。

オールインワン化粧品を使って、肌のお手入れが短時間で終わるからといって、きちんとスキンケアできていなければ意味がありません。

最近のオールインワン化粧品には、シミケアや美白ケア、ニキビケア、毛穴ケア、エイジングケア、乾燥肌、敏感肌向けの高保湿、無添加のスキンケアアイテムとたくさんの種類があります。

普段のスキンケアを、オールインワンに変えるだけで、肌悩みのケアもできてしまうということ!

そこで、たくさんのオールインワン化粧品の中から、特におすすめするアイテムを厳選しました。

パルクレールジェル

dsc06084b-palclair.jpg

パルクレールジェルは、医薬部外品のオールインワン。
肌をひきしめる効果や、あせもを防ぐ効果も認められているので、ニキビケアはもちろん、うっかり日焼けをしてしまったあとにも!

ビューティーオープナージェル

価格 通常価格 4,500円、初回限定 56%オフの1,980円(税別)
詳細はこちら 卵殻膜配合のオールインワン、ビューティーオープナージェルで赤ちゃんみたいなぷるぷる肌に!
公式サイトはこちら

ビューティーオープナージェルは、年齢とともに失われてしまうⅢ型コラーゲンの生成をサポートしてくれる卵殻膜配合のオールインワンジェルです。

卵殻膜の主成分はたんぱく質で、18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸で構成されており、中でも「シスチン」というアミノ酸を豊富に含んでいるという特徴があります。
卵殻膜のもうひとつの魅力は、年齢とともに失われてしまうⅢ型コラーゲンの生成をサポートしてくれること。

Ⅲ型コラーゲンは、皮膚や血管、肺などの臓器に存在し、肌の弾力を保つ柔軟性コラーゲン。別名「ベビーコラーゲン」とも呼ばれる、美容と健康に欠かせない成分です。

ビューティーオープナージェルには、卵殻膜の他にも、セラミドやプロテオグリカン、プラセンタエキス、エラスチンなどの美容成分がたっぷり!
合成香料・合成着色料・鉱物油・アルコールなどの成分は不使用。

メディプラスゲル

価格 通常価格 3,996円(税込)
定期コース 初回2,996円(税込)1000円オフ!
詳細はこちら >> 敏感肌に浸透したうるおいが持続する、美肌温泉由来のオールインワン、メディプラスゲル
公式サイトはこちら >> 肌環境底上げコスメ!ハリも潤いもこれ1本☆

「美人の湯」出雲玉造温泉水の美肌泉質を含みます。美人の湯由来のうるおいの浸透と、持続を両立させることができるようになったオールインワンジェル。

トリニティーライン
ジェルクリームプレミアム

dsc06602b.jpg

価格 通常価格 ¥3,800(税抜き)
定期コース 初回半額の¥1,900!50%オフ
詳細はこちら >> 敏感肌、アトピー肌におすすめのオールインワン、トリニティーライン
公式サイトはこちら >> 【TRINTYLINE公式サイトはこちら】

トリニティーラインは、敏感肌、アトピー肌におすすめのオールインワン。

美容成分を95%配合していて、水を一滴も使用していない濃密、濃厚オールインワン!

さらに、乾燥による小ジワを目立たなくする、抗シワ試験にて、効能評価試験済み

保湿ケアはもちろん、しわ、シミ、たるみなどのエイジングケアもしたいなら、トリニティーラインのジェルクリームプレミアムがおすすめ!

シミウス薬用ホワイトニングリフトケアジェル

dsc06594b.jpg

価格 通常価格 4,743円(税抜)
定期コース 20%OFFの3,795円(税抜)
詳細はこちら >> シミウス薬用ホワイトニングリフトケアジェルは、美白ケアできるオールインワン
公式サイトはこちら >> 美容美白リフトケアジェル シミウス(Simius)公式サイト

美白にもアプローチするオールインワンジェル。
薬用ホワイトニングリフトケアジェルは一本で、化粧水・乳液・美容液・クリーム・アイクリーム・化粧下地・パック・マッサージ・保湿・美白の10の役割を果たします。

敏感肌でも使えるおすすめのオールインワン化粧品

オールインワン化粧品は、1本で化粧水、美容液、乳液、クリームなどの複数の役割をこなすアイテムです。

敏感肌。それは乾燥によるガサガサ肌や、刺激によるピリピリ肌が改善されずにいる状態といえます。このままだと、肌が徐々に傷んでいくことになりかねません。
オールインワン化粧品は、敏感肌や乾燥肌のスキンケアとしても、優れたアイテムなのです。

最近のオールインワン化粧品には、シミケアや美白ケア、ニキビケア、毛穴ケア、エイジングケア、乾燥肌、敏感肌向けの高保湿、無添加のスキンケアアイテムとたくさんの種類があります。

敏感肌や乾燥肌のスキンケアの中で、いちばん大切なことは保湿です。
肌にやさしい、しっとり保湿に欠かせない美容成分として、プラセンタやセラミド、コラーゲンなどの美容成分があります。
肌(表皮)の角質層を構成する細胞間脂質の50%近くを占めている、セラミド。
セラミドは水分の蒸発を防ぐ効果や、保湿・柔軟性の維持、細胞同士をつないで整列させる働きがあるとされる成分です。
水分と油分のバランスを整えることで、保湿効果、バリア機能の強化、肌のキメを整えるなどなど。
化粧品によく含まれているヒアルロン酸は、もっちり肌に欠かせない保水力のある成分。
保湿に優れた、おすすめのオールインワン化粧品もあります。

胎盤から抽出した成分、プラセンタ。
メラニンの生成抑制や、ターンオーバーの促進効果の可能性があるとされる成分でエイジングケアアイテムによく含まれている成分です。プラセンタ入りのオールインワンもあります。

防腐剤成分として使用されることの多いのが「パラベン」。
パラベンはパンなどの食品や、清涼飲料水、医薬品などでも使われている安全性の高い成分です。
ですが、刺激に弱い敏感肌の場合、パラベンでも赤み、かゆみなどの炎症が出ることも・・
そこで、敏感肌の方におすすめしたい、パラベンフリーのオールインワン化粧品もあります。

オールインワンは、スキンケアの手軽さから幅広い年代の人に愛用されています。

子どもが小さかったり、仕事が忙しかったり、自分のことはつい後回し!
「あれ、こんなところにシミ!?」や、「なんだか肌がどんより・・」としたくすみなどのエイジングサインも気になり始めるころ。
毛穴や、乾燥、くすみ、ニキビなどの肌悩みが気になり始める20代。
しっかり保湿ができて、ニキビケアもできるオールインワン化粧品。
バタバタ忙しい20代、30代には、美白ケアやニキビケア、毛穴ケアができるさっぱりサイプのオールインワンと、しっとり保湿ができるオールインワンが人気です。

やりがいのある仕事、子どもも大きくなったので手はかからなくなってきたけど、ふと鏡の中の自分にびっくり!
しっかり保湿ケアで乾燥対策をしつつ、気になるシミ、くすみ、たるみにもアプローチしてくれるオールインワンが40代の効果にもこだわりたい大人女性に人気です。

乾燥、シミ、くすみ、たるみあらゆる肌悩みが出現!効果のあるスキンケアをするなら。
あらゆる肌悩みに!これひとつでOK!なオールインワンは、エイジングケアも、保湿も美白も!本物志向の50代に人気です。

ウルウ(ULU)

敏感肌におすすめの化粧水のうち、敏感肌、乾燥肌の赤ら顔に特化した化粧水、がウルウ(ULU)です。
ウルウ(ULU)は、導入液、化粧水、美容液、乳液、ふきとり化粧水と、1本5役のオールインワン化粧水なので、化粧品にふくまれる防腐剤の多用や、手の摩擦などを避けることができます。。

ウルウ(ULU)には、私達の体内にあるセラミドとほぼ同じ成分のヒト型セラミドが5種類配合されています。
肌が敏感な時の、シンプルスキンケアにはウルウ(ULU)おすすめです。

ウルウ(ULU)の詳しいレビュー記事はこちらです。

フィトリフト

フィトリフトは、ハリのなさや、乾燥、シワなどの気になり始めたエイジングサインにアプローチしてくれるオールインワンです。
フィトリフトに含まれるフィト発酵エキスは、2011年ノーベル賞を受賞した自然免疫研究からうまれた成分。
ふっくらとしたハリや、しっとりとしたうるおい、エイジングケアなど、美肌スイッチに働きかけてくれる成分です。
エイジングケアの実力は、エイジングケアや美白ケアに使用されることが多い、動物性プラセンタを上回るほど。
みずみずしさを失いがちな年齢肌の水分をしっかりキープしてくれるので、角質層の奥深くまで浸透、持続的なハリと、うるおいを生み出してくれます。

フィトリフトの詳しいレビュー記事はこちらです。

オールインワン化粧品を使うときのポイント

オールインワン化粧品は洗顔の後、肌に水分を閉じ込めるために、なるべく早くつけましょう。
オールインワン化粧品は油分を含んでいます。手に取り、両手で包み込んで温めてから顔につけると、なじみやすくなります。

顔につけるときは、まず頬の内側から外側へと伸ばしていきます。優しく顔を包み込むようにしましょう。
おでこや顎、フェイスラインも同じようにしてつけます。乾燥が気になる部分に重ねづけするのもよいです。

オールインワン化粧品を使うときの注意点

肌にやさしいオールインワン化粧品では、肌の刺激を抑えるために、防腐剤などが入っていなかったり、殺菌効果の少ないものしか入っていないことがあります。
雑菌が繁殖しないように取り扱い、スパチュラ(小さなへら)が付属している場合は、スパチュラを使って手に取るようにしましょう。

顔につけてのばすときに、こすりすぎないように注意しましょう。
こすることで「モロモロ」としたカスのようなものが出てしまうことがあります。
もし、モロモロとしたカスが出てしまう場合、顔につけてからは薄く伸ばすようにして、こすらないようにしましょう。

日焼け止めは基本的に、化粧下地の前につけます。オールインワン化粧品の後に日焼け止めをつけましょう。

ごくまれに、オールインワン化粧品を使うとメイクがうまくのらない場合があります。
オールインワン化粧品をつける量を少なめにすると、解決する場合があります。もしくは、オールインワン化粧品と化粧下地との相性が悪い場合もあります。

オールインワン化粧品に加えるおすすめスキンケア

普段のスキンケアに加えて、少し手をかけてスキンケアする方法を紹介します。
オールインワン化粧品のジェルタイプの場合、オールインワンジェルをつけてから、顔のリンパマッサージを行うと、新陳代謝が促進され、くすみなどの改善につながります。

まず、耳の少し下あたり、顎の付け根の近くのくぼみを、指でくりくりと押します。
その後、指でなでるように、鎖骨に向かってマッサージします。
耳の少し下あたり、顎の付け根の近くのくぼみから、鎖骨、脇にかけてリンパが集中しています。このリンパの集中しているところをマッサージすると効果的です。

オールインワンと一緒に使う時におすすめのファンデーション

洗顔後のスキンケアは、オールインワンで完了!

でもオールインワンを使ったあとに、メイクするとモロモロ、ポロポロがでる・・
オールインワンでスキンケアをするときに、よくある悩みです。

オールインワンで、モロモロ、ポロポロがでないようにするコツ

オールインワンを使うときに多い悩みがモロモロ、ポロポロがでないようにするにはいくつかコツがあります。

摩擦厳禁!こすりすぎるからオールインワンでモロモロ、ポロポロする

1つ目は、こすりすぎによるもの。
オールインワン化粧品が、肌の余分な角質とまざることで、モロモロ、ポロポロのカスになってしまします。

カスが出ないようにするには、オールインワンを肌にのせたら、ささっとのばしてスキンケアを完了させることです。
過度な摩擦はしわや、たるみの原因のひとつでもあるので、気をつけましょう!

オールインワンは、適量をつかう

2つ目は、適量のオールインワンを使うこと。
オールインワンを使う量が多すぎると、肌に浸透できなかったジェルがモロモロ、ポロポロの原因になってしまします。

記載されている量を適量使うのがおすすめです。

メイクアップアイテムとの相性

意外と多いのが、メイクアップアイテムとの相性。
オールインワンを使った後に、ファンデーション、bbクリーム、ccクリームなどを塗るとモロモロ、ポロポロが出るときは、オールインワンと、メイクアップアイテムの相性がよくないのかもしれません。

そんな時は、

・オールインワンでスキンケアをした後、数分おいてからメイクをする
・余分なオールインワンと、ティッシュオフする
・相性がでにくいメイクアップアイテムを使う

ことが解決への近道。

そこで、オールインワン化粧品と一緒に使う、おすすめメイクアップアイテム(ファンデーション、bbクリーム、ccクリーム)を紹介します。




ラウディ(LAUDi)bbccクリーム、どっちの色がオススメ?2色の違いを比べてみました

クリーム、美容液、乳液、コンシーラー、ファンデーション、メイク下地、日焼け止め(SPF35・PA+++)の7つの役割が1本になっている、ラウディbbccクリーム

bbクリームと、ccクリームのいいとこどりというのも高評価!


サエルBBクリーム


敏感肌におすすめの美白化粧下地、ディセンシアのサエル(saeru)ホワイトCCクリームクリアリスト

敏感肌専門ブランドのディセンシアから発売されているホワイトニングラインのサエル

紫外線吸収剤フリーで最高のUVカット効果で、敏感肌特有のくすみもカバーしてくれるアイテム。

敏感肌の人でも使えるオールインワン化粧品で、優しくスキンケア

敏感肌では、低刺激で保湿力の高い、オールインワン化粧品を選びましょう。
オールインワン化粧品は、肌への負担も少なく、いろいろな使い心地のアイテムがあります。
低刺激のアイテムで、保湿力の高いオールインワン化粧品が、敏感肌のバリア機能を高めることにつながります。
敏感肌の人でも使えるオールインワン化粧品で、優しくスキンケアしましょう。

Reicos 0cosme(レイコスメ)

オールインワン化粧品とスキンケアで美しい肌へ! 美白ケア、エイジングケア、乾燥・保湿ケアなどさまざまな肌悩みを解決するお手伝い。 たくさんの化粧品から、あなたにぴったりのおすすめアイテムを紹介します。

敏感肌におすすめの医療脱毛とエイジングケアアイテム

1
100円で医療脱毛できる!原宿にあるトイトイトイクリニックに行ってきた

医療脱毛。 と聞くとハードルが高いように感じますが、実はエステ脱毛よりいいことが ...

2
顔のたるみにさよなら!ドクターソワのモイストリフトプリュスセラムで小顔エイジングケア

ふとスマホを見ている自分が鏡に映ったときに「ぎょっ」とすることありませんか? 顔 ...

ジュランツセラリッチミルク 3
高濃度セラミド配合!ジュランツの贅沢美容乳液、セラリッチミルクで保湿を極める!

ジュランツのスペシャルトライアルセットで肌悩みゼロに!全11種類の贅沢・豪華なド ...

4
敏感肌のいちご鼻やニキビケアなら、鼻専用美容液リメリー!乾燥しらずで毛穴もすっきり、皮脂対策!

※リメリーをお得に購入できるチャンス!! 公式サイト>>Remery(リメリー) ...

5
敏感肌におすすめのオールインワン、トリニティーラインを使ってみた口コミと効果!

1つで、化粧水・美容液・乳液・クリーム・下地など複数の役割があるオールインワン。 ...

 - 敏感肌のスキンケアランキング

error: Content is protected !!